当組合について

ごあいさつ

流葉観光開発協同組合の公式ホームページへようこそお越しくださいました。

岐阜県の最北端に位置する飛騨市神岡町の中でも広大な自然環境を有する流葉。その地形を活かしたスキー場やスポーツ施設、そして景観を行政、地域住民とともに守り続けてまいりました。恵まれた大自然の中で育った地域と人間が訪れた人々を安心させる、そんな流葉へお越しになる皆様を、心を込めておもてなしさせていただきます。

このホームページを皆様にご活用いただけるよう情報を充実させてまいりますのでよろしくお願い申しあげます。

流葉観光開発協同組合
理事長  中谷 一隆

沿革

飛騨市神岡町の中で、特に降雪量が多い流葉山において、昭和34年に町営スキー場が開設されました。当組合は、スキー場開設に伴い、昭和38年に地元の民宿・食堂などがスキー場と協力し、観光地としての発展を願い流葉スキー場協力会として発足しました。その後昭和45年には流葉観光開発協同組合として法人化し、現在に至っております。

現在は、22組合員が加盟し、豊かな自然環境の維持・活用、そして、おもてなしの心あふれる流葉を実現するために日々努めております。